汗に含まれている色素や蛍光物質が黄ばみの原因

つらい臭いと並んでもうひとつ、ワキガの人を悩ませているのが黄ばみです。シャツや下着が脇に当たる部分に黄ばみができて、洗濯してもなかなか取れなくなります。お気に入りの服に黄ばみができてしまうのは本当に辛いことです。なぜワキガによって黄ばみができてしまうのでしょうか。答えは、脇から分泌されているアポクリン汗にあります。
私たちの体は2種類の汗を分泌しています。「エクリン汗」と「アポクリン汗」です。エクリン汗は、無臭でさらっとしていて少し塩分を含んでいます。私たちが日中よくかいている汗のことです。普通の汗ですので、たくさんかいても服が黄ばむことはまずありません。
一方、アポクリン汗は違います。アポクリン汗はタンパク質や脂肪に加えて、色素や蛍光物質を含んでいます。アポクリン汗そのものが臭いを発生させることはありませんが、色素や蛍光物質が含まれているので、乾いた後に黄ばみの原因となってしまうのです。

関連ページ

わきが・多汗症のチェック
簡単な質問でわきが・多汗症のチェックができます。
わきが・多汗症の主な原因
代表的な原因をピックアップしてみます。
腋臭のメカニズム
腋臭が発生する仕組み
多汗症との関係
わきがと多汗症との関係についてです。
自臭症とは?