腋臭のメカニズム

ワキガの臭いの原因は汗ではない

少し誤解している人がいるかもしれませんが、ワキガによる臭いの元は汗ではありません。大量の汗によってワキガの臭いが悪化することはありますが、直接的な原因になっているわけではないのです。
私たちの体は2種類の汗を分泌しています。「エクリン汗」と「アポクリン汗」です。
エクリン汗は、無臭でさらっとしていて少し塩分を含んでいます。私たちが日中よくかいている汗のことです。皮膚の表面で蒸発する時に、たまった熱を発散し体温を下げる働きがあります。一般的に1日1.5?2リットルのエクリン汗をかいていると言われています。
一方、アポクリン汗は少し粘り気があり、タンパク質や脂肪、色素などを含んでいます。脇の下や耳の穴、陰部、乳首やへその周りにだけ発生源となる汗腺があります。アポクリン汗自体に臭いはないのですが、アポクリン汗に含まれているタンパク質や脂肪が細菌によって分解されると強い臭いが発生します。この臭いの元が、エクリン汗によって脇全体に広げられて、ワキガの臭いとなっているのです。
つまり、ワキガの臭いの原因は、アポクリン汗に含まれているタンパク質や脂肪分を細菌が分解して作り出しているのです。汗腺の働きは、遺伝的な要素や生活習慣、皮膚にすんでいる細菌の種類や数などによって左右されているので、こまめにおフロに入って汗を流したとしても、ワキガの臭いを完全に消すことはできません。きちんと治療して臭いの元を断ち切る必要があります。

関連ページ

わきが・多汗症のチェック
簡単な質問でわきが・多汗症のチェックができます。
わきが・多汗症の主な原因
代表的な原因をピックアップしてみます。
黄ばみの原因
衣服のわきが黄ばむ原因を解説
多汗症との関係
わきがと多汗症との関係についてです。
自臭症とは?